研究体制

科学情報・公共政策部門
感染症・生体防御研究部門
人材育成部門

感染症・生体防御研究部門

ヒト生体防御学チーム

Focus on the details, that’s where we find the truth.

We focus on the use of single cell biology techniques such as mass cytometry to decode the complexity of the immune system. We apply this approch to various settings such as infectious diseases and autoimmunity with a particular focus on the regulation of antibody responses.

研究課題

1. Single cell biology

2. Mass Cytometry

3. Infectious disease

4. Regulatory T-cells

5. Regulation of antibody responses

研究者情報

生体応答学チーム

感染防御に不可欠な中和抗体産生の制御メカニズムを解明し、
ワクチン開発に貢献する

将来起こりうる変異ウイルスパンデミックに備え、感染防御に不可欠な中和抗体産生の制御メカニズムを解明することを目標にしています。特に、ウイルス特異的ヘルパーT細胞によるB細胞の活性化制御と中和抗体を分泌するプラズマ細胞の誘導·生存維持の分子メカニズムに焦点を当てた研究を展開しています。

研究課題

1. ウイルス抗原による濾胞性ヘルパーT細胞の分化誘導メカニズム

2. 交差反応性抗体を誘導するためのワクチンデザイン

3. プラズマ細胞の長期生存メカニズムの解明

4. ヒト記憶免疫の解析

研究者情報

ウイルス制御学チーム

ウイルスと生きる

ヒトの活動範囲が急拡大する現代社会では、新興・再興感染症が幾度となく発生し、社会や経済に大きなダメージを与えています。しかし新型コロナウイルスのパンデミックでも明らかな様に、新興・再興感染症の出現予測は難しく、制御法の開発は後手に回らざるを得ません。本研究室では、ウイルス感染症発症機序を、ウイルスと宿主の相互作用を基に包括的に理解し、治療法や予防法を先制的に準備できる体制を整えるべく、日々研究しています。

研究課題

1. 様々な疾患発症モデルを構築する

2. ウイルスと宿主の相互作用を理解する

3. ウイルス研究のためのツール開発

研究者情報

臨床生命工学チーム

研究者情報
科学情報・公共政策部門
感染症・生体防御研究部門
人材育成部門
Copyright © OSAKA UNIVERSITY. All Rights Reserved.