日本財団・大阪大学 感染症対策プロジェクト

2021年秋、大阪大学と公益財団法人日本財団は、「日本財団・大阪大学感染症対策プロジェクト」を始動しました。感染症による将来の脅威に備え、人々のいのちを守り、社会・経済活動の維持に貢献することを目指して、感染症に関する研究、人材の育成、社会への情報発信及び研究成果の社会実装を推進します。

日本財団・大阪大学 感染症対策プロジェクトの概要

【課題①】

社会・経済活動の維持

【課題②】

感染症の予防と治療

【課題③】

医療崩壊の阻止

課題解決に向け、大阪大学に感染症総合教育研究拠点を構築

(2021年4月設置)

アクションプラン1

情報発信・リテラシー向上

科学的エビデンスに
基づいた信頼性の高い
情報発信

●政策分析と提言、情報発信(日英)

●オンライン情報配信(年10回)

●公開市民講座(毎年)

アクションプラン2

感染症研究基盤構築

予防、診断、治療等の
迅速な開発と普及のための
基礎研究成果の創出

●ヒト生体防御システムの基本原理の解明

●病原微生物に対する免疫応答機構の解明

●病原微生物の基礎研究とその制御法の開発

感染症克服に向けた分野横断型研究(知のプラットフォーム:オール阪大研究)

アクションプラン3

医療人材育成

医療従事者等の
教育訓練や
感染症対策リーダー育成

●医療従事者等1万人への教育訓練等

●若手医師育成海外実習等(毎年)

●感染・免疫国際フォーラム(毎年)

●最先端免疫学国際シンポジウム(毎年)

アクションプラン4

世界最高水準の研究基盤/異分野の専門家が集う研究棟を整備
―「知」がクロスし、積極的な情報発信をする国際共同拠点構築 ―

2025年2月末竣工予定

お問い合わせ

〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2-8
大阪大学感染症総合教育研究拠点事務室
TEL : 06-6877-5111(代表)
MAIL : info★cider.osaka-u.ac.jp [★=@]

Copyright © OSAKA UNIVERSITY. All Rights Reserved.